風邪・インフルエンザ

アルコール・マスクのイメージ写真

かぜ症候群は、鼻から喉、気管の入り口に様々な病原体が侵入し、この部分に炎症を起こしてしまう病気です。原因のほとんどはウイルスで、代表的なものにはライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスがあります。主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、せき、痰、頭痛、熱、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など様々です。通常、1週間以内に改善します。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染によって起こり、普通の風邪よりも急激に発症し、症状の重いのが特徴です。通常は症状が3~7日間で治まり、特に問題を起こさず治癒に向かいます。しかし、気管支炎や肺炎を併発したり、脳炎や心不全に至るケースもありますので、油断は出来ません。症状としては、高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、せき、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などが現れます。

なお、インフルエンザなどの感染を予防するには、「咳エチケット」、「手洗いの励行」、「適度な湿度の保持」、「十分な休養」、「バランスのとれた栄養摂取」が大切となります。また、流行前にワクチン接種を受けておくことにより、リスクを減らせると考えられています。

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスは、風邪の原因ウイルスである従来のコロナウイルスと比べ肺炎を起こすことが多く、より注意が必要です。中高齢者、糖尿病などの基礎疾患をもつかたはより重症化しやすく人工呼吸などの生命維持装置が必要となることがあります。変異を繰り返し明らかに感染力が増加しています。常識的には弱毒化するかと思われましたが、むしろ強毒化している印象です。長期的視野にたてば、いずれ集団免疫の成立により収束していきますが、10年程度はかかるかもしれないという意見もあります。ワクチン接種の普及と、新たな治療薬の開発が待たれます(令和3年8月現在)。